おいらはあんこです。 よろしくね♪


by oirahaanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:英語原書( 3 )

“Amsterdam” Ian McEwan 読了

今年英語原書2冊め “Amsterdam” 読了
a0148303_1250213.jpg

も~、ブエノスへの出発を間近に控えていたので、なにがなんでも読み終えなければ、てな感じでガシガシ読みました。
というか、あるスキャンダラスな出来事をきっかけに、、、あたりから、物語にぐいぐい引き込まれ、一気に読んでしまった。

クールでビターな作品。
今さらこんなこと言うのもナンですが、マキューアンはやっぱりすごいね。
なにしろ、心理描写が緻密、人間の心の奥深くに潜む悪意、狂気を描くみたいなことはおいらの好きな映画監督ハネケにも通じるものがあったりして、こういった心理小説はほんとうに面白い。
社会問題、道徳観について考えさせられるところもあったり、最後にどんでん返しもあり、ミステリー風にも読める。
人物像がリアルで、セレブな人間の心のうちはこんなもんだろうなー、とか思いながら読んでました。
かな~りおいら好みな作品。016.gif
マキューアンのほかの作品も是非読みたい。
[PR]
by oirahaanko | 2011-02-05 12:57 | 英語原書

“Amsterdam”  Ian McEwan

英語原書読書
1冊目:2008年ブッカー賞受賞作品でした。(“The White Tiger” )

で、次、どうしようかな~…

ブッカー本とか、ピュリッツアー本とか、何冊か手元にあるのですが…
未読本が多い。008.gif まあ、そのなかで、ページ数が少ないこの本を2冊めに選んで、読み始めています。
“Amsterdam” 著者 Ian McEwan、1998年ブッカー賞。
a0148303_923865.jpg

マキューアンといえば、”Atonement” (邦題『贖罪』)が
何年か前に映画化され(タイトル=「つぐない」)
a0148303_942057.jpg

おいらは原作は読んでいませんが、映画は観ました。 
悲しく切ない余韻を残す映画でしたね。007.gif

“Amsterdam”
2月のある寒い日。
痴呆症を患い、46歳という若さで亡くなった才媛(モリー)の葬儀に元恋人3人の男性が参列している。 作曲家のクライヴ、雑誌新聞編集長ヴァーノン、そして外務大臣ガーモニー。 なんと!大物ばかり。 彼女の最期を看取った資産家の夫ジョージは妻の情事を知っていたようである。 美しく才能あふれ奔放だった彼女の死に3人の動揺は隠せない…というような出だし(だと思う)

英語は標準的。
ただ、見たことはあるけれど意味が思い出せない語彙が散在。(^^;
人物描写、心理描写が細かいので、プロットを追うような読み方ではなく、
作品をより深く味わうためには丹念に辞書を引く必要ありかも。

“Amsterdam”
【著者】Ian McEwan
【出版社】Vintage 178p
ISBN 9780099272779
[PR]
by oirahaanko | 2011-02-02 10:01 | 英語原書
今年英語原書1冊め “The White Tiger” 読了
a0148303_2234758.jpg

最初のうちは、ブラックな笑い、痛烈な皮肉がちりばめられた数々のエピソードにガハガハと笑いながら読んでいたのですが、ある事件をきっかけにダークな物語展開へと突き進んでいくあたりからインドの”光と影”について考えこんでしまった。

ダークな世界に住んでいた田舎出の貧しい青年が、表舞台へ、光のあたる世界へと登りつめていく荒唐無稽なサクセスストーリーの裏にひそむ痛烈なまでの社会批判。
エンタメとして読んでも十分面白いけれど、読み方によってはいかようにも深く掘り下げられるテーマをもった作品。 ちなみに、2008年ブッカー賞受賞作。

英語はとても平易で、300ページ超という長さをまったく感じさせない。
インドに興味があって、読みやすい原書をお探しの方に是非オススメしたい本。

アジア系作家によるポスコロ的視点で書かれた小説…かな~りおいら的好みに合致。
Amitav Ghosh、Kiran Desaiあたりも読んでみたいんだけれど、今の英語力では挫折必至。(^^;)
力をつけなければ...

“The White Tiger” (『グローバリズム出ずる処の殺人者より』)
【著者】Aravind Adiga
【出版社】Atlantic Books 321p
ISBN 978-1-84354-722-8
[PR]
by oirahaanko | 2011-01-31 13:07 | 英語原書